検索

ころころ


おん ころころ せんだり まとうぎ そわか 〔お薬師さまのご真言〕


その沼矛を指し下ろして画かせば、塩こをろこをろに画き鳴して、引き上げたまふ時に、その矛の先より塩の累り積れる、嶋と成りき。これ淤能碁呂嶋ぞ。

〔古事記上つ巻・国生み〕


印象的で、

やさしい

回転するおと

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

青嵐

風よ