検索

草枕


智に働けば角が立つ 情に棹させば流される 意地を通せば窮屈だとかくに、 人の世は住みにくい

夏目漱石の『草枕』の かっこいい冒頭の一文 家にあれば 笥に盛る飯を 草枕 旅にしあれば 椎の葉に盛る 万葉集にある有間皇子のうた ここからか「草枕」は 旅を意味するようになったのだそうだ きょうもたのしい こころの旅を

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

青嵐

風よ