あしたことたま

「あしたことたま」とは、豊かなあしたを予言することば。

柿本人麻呂の歌に下の歌があります。

しきしまの大和の国は 言霊の幸(さき)わう国ぞ ま幸くありこそ(万葉集)

日本のくには、ことばの力によって幸せになっているくに。これからも平安でありますように、という意味の歌です。

古代の人々には、ことばに霊力が宿ると考えていました(「言霊信仰」) 。
それゆえに、丁寧に、美しい言葉を、心を込めてつかう習慣が息づいています。

現代でいうならばアファメーション=繰り返し唱えることばが現実化を早めるという脳科学の研究もありますが、心のこもったことばを持つということは、やはり、豊かなあしたにつながる鍵になるのではないかと思い、毎朝、心静かな時間に思い起こされる言葉を認めるようになりました。


----------------------------------------------------------------
「あしたことたま」サービス
----------------------------------------------------------------


お好きな言葉を、あなたの思いをイメージしながらお書きします

お代は、ドネーション制
できあがりを受け取ったときのうれしい氣持ちを懐に合わせて
お支払いいただくシステムにします

ご希望の方は、お気軽にお声がけください
文字のイメージの材料として、簡単なアンケートシートをお送りします

83138673_2636437046450224_41079539788666